露呈。
長距離選手に必要なものは何か。
果てしない距離を走りきる持久力、強靱な心肺機能、毎日こつこつ積み重ねる地道な練習、必要な筋肉だけがついた無駄のない身体。
どれも大切で、一つでも欠けていたら致命的だ。でも、一流選手と二流三流で終わる選手の違いは、根底にある揺らがぬ精神力。
周りのスピードに心を惑わされず、自分のペースを保ち、体力とタイムと距離を冷静に計算し、弱音を吐く自分にいかに情け容赦なく接することができるか。
そんなそら恐ろしい競技に、初心者たちが挑む。
喉の奥から血の味がして、頭の中は自分の鼓動と呼吸音しか分からなくなって、脚が地面をうまくとらえられなくなる。それでも彼らは走るんだろう。
走り続けていると、急に風と同じ速さになったような瞬間が現れる。その瞬間の風音は、極限まで走った人にしか聞こえない音だけど、ほんの少し、呼吸音や足音に混じって聞こえてきそうな、そんな小説だった。

…なんでこんなに熱く長距離について語るのかというと。

…昔やってたんだよね長距離走(ぼそっ
さらに距離スキーもやってたんだよね(ぼそぼそ


あぁ懐かしい…
 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>