神様のパズル
「人は宇宙を作れるか?」娯楽映画の皮をかぶった科学映画。
青春とか恋愛とか芸術とか苦悩とか、ごった煮になっているけれど、これを「アイドルもの」のくくりに入れちゃったTSUTAY●は、どうかしている。
(伏字になりきれてない

何だか色々なところがむちゃくちゃで、突っ込みいれつつ、そのパワーに引きずられてしまった。ラストの「よろこびの歌」には、笑っていられなかった。理論と感情がぶつかりあって、ばちばちと火花を散らす。それは整然としたものではないけれど、何かすさまじいものを生み出してくる。
嵐の中、自殺しようとする天才少女にコハダの寿司をすすめるロック崩れの男と、号泣しながらほとんど刺身になってしまった寿司を濡れ鼠になって食べる少女、と書くと、訳分からんが、見るたびに泣きそうになる。

学問も芸術も、全力で肯定する映画だった。どこまでも突き詰めていって、パズルのピースから外れてしまうことさえも、是とするような。
宇宙よりも奇っ怪でだだっ広いのは、人の内だと思う。

JUGEMテーマ:映画


映画 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>