小休止。

実技の課題がようよう終わった…倒れ伏したい…。
しかし月曜にはゼミの発表が控えているので、杖をつきつきもうひと踏ん張り。
火曜はレポート提出日なので、さらにもうひと頑張り。
水曜は死んでも落とせない教職科目の試験なので、精も根も尽き果てる勢いで最後の一踏ん張り。
もう踏ん張りすぎて、よれよれとしながら何やかんやで地の果てまでも行きそうな感じです。

ちなみに腹筋は40回までは楽にいくようになりました。
やっぱり慣れと継続って大事。

私信というか帰省の予定について。
8月の2日から11日まで帰省の予定です。地元で暇している方おられましたら、飲みましょう。
13、14日は海のそばの狩猟場へ。今年も狩ります。
就活とか言いながら、結構夏を満喫してますな。20日頃は箱根に行くし。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
さて、しつこく続くよ文庫語り。しかし一番好きなのはちくま文庫です。次は岩波。
こんだけ語っといて何を言うか。
あ、あと松子の薦めてくれた「鼻行類」読みました。面白い!
今は亡き日高敏隆さんの著書だったのかと、少ししんみりしました。

■新潮文庫
一冊ごとにつけられているコピーが好きです。毎年ちょっとずつ改変されています。
特に好きなのは吉本ばなな『キッチン』の「私の言葉はどこまであなたの孤独にとどくのだろう。」
ヴェルヌ『十五少年漂流記』の「しなやかさとしたたかさ、そして仲間。子どもだけの力で、どこまでやれるか。」
ヘミングウェイ『老人と海』の「男は死ぬまで闘いだ。こんなに薄い本でそれを悟れる君は幸福とだけ言っておく。」
サリンジャー『ナイン・ストーリーズ』の「完成度では『ライ麦畑』より上との声も。」
海外文学のコピーが秀逸です。もう、ここまで言われたら読むしかないっていう感じ。

作家の生没年が書かれているのですが、2000年代に亡くなった作家が年々増えているのが、時の移ろいを感じさせます…。
この冊子をもらい始めた中一の頃、杉浦日向子も白川静も河合隼雄もサリンジャーも井上ひさしも生きていたのですよ…。
巨星が次々に墜ちてゆく…。しかし新星もまた次々と現れるのです。諸行無常。
そんで有川浩とか橋本紡とか、ライトノベル畑出身の作家も手広く取り入れられています。この二人は年齢不詳ですね。
ちなみに有川浩は女性、橋本紡は男性です。たまに本屋で女流作家の棚に「橋本紡」や「三崎亜記」があって、入れ換えしたくなります。前は「石田衣良」や「有栖川有栖」が女性作家の棚に見られましたが、さすがに最近は無いかな。

■角川文庫
「きみが見つける物語」シリーズが素敵。
複数の作家による短編小説集なのですが、普通じゃ考えられない豪華なラインナップです。
休日編がすごく良いな。角田光代・恒川光太郎・万城目学・森絵都・米澤穂信!学生時代の名手勢揃いって感じです。

映画化した作品・映画のノベライズ版が多いイメージ。掲載作品の選択の問題?
個人的に恒川光太郎が「角川ホラー文庫」に分類されていたのが、少し不満です。ホラーでは無いような…。

しかしもっと衝撃だったのは、小中学生向けの「角川つばさ文庫」で発行される『時をかける少女』の表紙イラストがいとうのいぢ(ハルヒのイラストレーター)だったことです…。でも元々ハルヒは角川発行…そうか、いいのか…。

■集英社文庫
ジャンプ作家フル活用、という感じの限定カバーですな。
一番しっくり来るのは「銀河鉄道の夜」と「汚れつちまつた悲しみに……」の浅田弘幸だと思います。良いなぁ!

角川もやっているけど、各本の紹介欄には、次に読むと良い本も載ってます。
「注文の多い料理店」→「星の王子様」→「汚れつちまつた悲しみに……」みたいにして、つなげていけるわけだ。
で、素朴な疑問なのですが、これって全作品網羅してるのかなー、ということと、編集者の直感で選んでいるのかなー、ということ。前者はともかく(数えてみりゃ分かる)後者は、「よりによってそれか!」と思う作品と「それしかない!」と思う作品の振れ幅がでかい気がするもので。
池上彰「そうだったのか!中国」の次が姜尚中(かんさんじゅん)「在日」とか…。
いや、もっともだとは思うんですけども。背景知識が無いと理解しがたいこともあるし。
でもあんまりにも直球だ!もっと変化球を!間に「となり町戦争」挟むとか!(いいんか)

以上、テンション高めで文庫について語ってみました。
この課題ラッシュ時に、何たわけたことをやっているのか…。

 comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








夏コミに行くだと?連れていけ!!←
その日私は暇だぞっ!!ww
むしろついてく!←←←

私は9月の帰省になりますorz

鼻行類はマジはまるべ!!
架空なのにあそこまで現実的に書かれると調べたくなるよね(・∀・)
しかしハナススリの奴らは人面化してるからよくないね…
なんだかんだ骨格とかよーくみるとあり得なかったりするんだけどね…ww
from. まつ | 2010/07/26 02:37 |
帰省心待ちにしているぞ!!\(^o^)/
飲みにいくべ!!

ちょ、夏コミうらやましすwww
お使い頼んでいい?^q^←
from. 那遊多 | 2010/07/26 18:05 |
<< NEW | TOP | OLD>>